スリの常套手段

スペイン/バルセロナ

 スペインの夜は長い。夜12時を過ぎても騒がしい。眠りの浅い日々が続く。
今回泊まった宿であるが、実は毛布がもともと付いておらず、有料だということをチェックアウトの段階で知ることになった。私は借りれることを知らずに毎日ダウンを着込んで寝ていたことになる。そりゃ眠りも浅くなる。

 もう一通り観光地は周ったので今日は適当に街を散策することにした。

IMG_2415
旧市街の街並み

IMG_2428
再び凱旋門

IMG_2402

IMG_2406
冬の地中海と犬

IMG_2424
シウタデリャ公園

“Hello, I’m from Greece, I wanna go to Barcelona”

 公園を歩いているとおっさんが異様な雰囲気を醸し出しながら話しかけてきた。Barcelonetaというのは先程までいたビーチのことである。地図を広げて印をしてほしいと宣う。地図を見ていると、不意に警官みたいな男が現れ、パスポートを見せるよう要求したくる。聞き覚えのあるシチュエーション。これはガイドブックに記載されていたスリの手口に違いないと、基本的に人を疑ってかかることを信条としている私は気付いた。パスポートを略奪されるとか、取り出してる間に貴重品を略奪されるなどいろんなことを想像するに余念がなかった。

 そしてとりあえず適当に、”No thank you !”と幾度となく繰り返していると、こいつにこの手口は通用しないと踏んだようで自称ギリシャ人と自称警官は笑いながら仲良く去っていった。本当にあるのかと昨日引き締めたはずの身が再度引き締まった。気をとりなおして散策再開。

IMG_2432
路上レンタサイクル

 30分まで無料。街のいたるところに同じ設備があり、いつでもどこでも借りて返せる。クレジットで支払いできる模様。

IMG_2437
荘厳なカテドラル

IMG_2434
コロンブスがイサベル女王に謁見した場所だとか

IMG_2457
サンジュセップ市場

IMG_2443
ふぉーーーーー

IMG_2440
海の幸

IMG_2444
愛する生ハムたち

DSC_1861
これがうまい。2ユーロ。 

 サンジュセップ市場は食べ物の宝庫である。まだ見ぬ未知の食材が神々しく鎮座している。なんだかんだで1日満喫することができた。夜はバルでレアル対バルサを観戦。バルサが負けてテンション下がる。宿でサングリアをもらってテンションが上がる。

IMG_2385
うまい

 実質今日がバルセロナ最終日。明日は5時起きだ。

 次の目的地は、、、

 パリ!!

ランキングに参加しています。
押していただければ幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です