アイスランドが本当にすごかった−総括編

先日新婚旅行で訪れたアイスランドが大変素晴らしく、感動したのでレポートします。

◆アイスランドってどこ?何があるの?
アイスランドはイギリスの北西、グリーンランドの東らへんにある北欧の国です。首都はレイキャビク。
海底火山の噴火によってできた国で、現在も多くの活動火山が存在し温泉もたくさんあります。また寒いので氷と火の国と言われています。
独特の地形が織りなす大自然が見どころで、海、山、氷河、滝、間欠泉、そしてオーロラなど、この世の全ての自然現象を堪能できるのではないかと思われるほどです。

◆今回の旅のスタイル
ゴージャスな感じが夫婦共々相変わらず苦手なので、自炊もできるアパートを借り、洗濯はコインランドリー、移動はレンタカーでプチアウトドアスタイル。
自由度を重視しました。
※結果的に1000km以上は運転しました。

セリャントスフォスの滝
ストロックル間欠泉
ヨークルスアウルロゥン氷河
ヨークルスアウルロゥン氷河の夕焼け

◆大自然がとにかくすごい。
眼前にドカンと広がる大草原と羊たちの草を食む姿、果てしなく続く一本道。それらを取り囲む堅牢な岩山と、岩間から垣間見える氷河、いたるところに流れ出る滝と、マグマ活動により立ち上る湯けむり。
さらにはめまぐるしく変わる天候。
大雨かと思えば急に晴れだし、そうかと思えば雹が降る。
ああ自然よ、という感じ。その脅威を身をもって体験することができました。
体調を壊しかねないので体力と注意が必要。

◆どれくらい寒いの?
アイスと付くのでめちゃくちゃ寒そうですが、9月中旬で最高気温10度、最低気温2度程度でした。でも風がとても強いので体感温度は常に3度くらいでした。
暖流の影響で真冬でも日本の冬よりちょっと寒いくらいらしいです。-30度とかにはなりません。

◆オーロラは見えるの?
見えます。
夏は白夜なので見えませんが、9月〜4月がオーロラシーズンです。
オーロラベルトと言われるオーロラ発生地帯の直下に位置しているので、晴れていればほぼ毎日見れるらしいです。
オーロラが見える条件は「夜×晴れ×オーロラベルト×太陽の活動量」です。

東海岸のHofnで見たオーロラ
首都レイキャビク近郊で見たオーロラ

◆食べ物は美味しい?
なかなか美味しいです。ラム肉や、えび、ホタテ、サーモン、タラなどの海産物が新鮮でものすごく美味しかったです。パンに入っているスープとかも有名ですね。

レイキャビクの「Resto」というレストランで食べたラム肉のステーキ。
今まで食べたステーキの中でトップクラスにうまい。
Hofnで食べた手長海老のグリル。これもめちゃくちゃ美味しかった。

◆物価は?
呆れるほど高いです。
レストラン:前菜で2000円、メインで3500〜6000円、ビール1200円くらい
スーパー:食パン300円、カップヨーグルト250円、ハム800円
ガソリン:250円/L
市バスの乗車賃:470円/1回
空港バスの片道料金(45分):4500円

でも水は無料、駐車料金30分100円、アパート1泊14000円、レンタカー4日25000円などという良心的な面も。

基本的にだいたい日本の3倍くらいだと思っておけばいいのでは。
自炊ベースがおすすめです。ただし安いスーパーを把握しておくことが必須。

◆カード?現金?
一回も現金をおろしませんでしたし、もちろん使うシーンにも遭遇しませんでした。全てカード決済可能です。

◆インターネット環境
進んでます。どこでもWi-Fi使えます。
我々はOrangeのヨーロッパ周遊SIMを使って過ごしていました。

北欧デザインとかそういうのは?
街のデザインはスタイリッシュでかわいいです。家具屋さんはそんなに多くなかった気がします。空港の近くにIKEAがあったくらい。
66Northというアウトドアブランドが有名らしいです。

■総括
個人的に今まで行った国の中で最もよかったです。ぜひおすすめしたいです。
キャンプセットをもって行ったり、キャンピングカーをレンタルしていくとより面白そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください